MENU

抜歯・あごの痛み・けが・腫れ・あごので
きものなどの症状でお悩みの方

  • ホーム
  • 抜歯・あごの痛み・けが・腫れ・あごのできものなどの症状でお悩みの方

抜歯・あごの痛み・けが・腫れ・あごので
きものなどの症状の治療法

天王寺区玉造 日の出通り商店街の歯医者「いとう歯科口腔外科クリニック」では、虫歯治療歯周病治療のほか、
口腔外科専門医(日本口腔外科学会)による、高度な口腔外科治療も行っています。

ここでは、抜歯やあごの痛み、けが、腫れ、できものなどについて、当院で行っている治療や手術についていくつかご紹介します。
これらは、専門家であるドクターによる正確な診断と適切な治療法の選択が必要です。
お口に違和感・異常がある場合は、ご自分で判断せずまずは当院へご相談ください。

抜歯手術

親知らずの抜歯

親知らずの抜歯

永久歯が生え揃ってから、左右上下に生えてくる奥歯が親知らずです。現代人のあごには、親知らずがきちんと生えてくるスペースが足りないことが多く、傾いて生えてきたり、歯ぐきの中に埋まったままだったりというケースが多くあります。また、ブラッシングがしにくいため虫歯や歯周病になりやすい、まっすぐ生えないために周囲の歯を押して負担をかけるなどトラブルの原因となりやすいため、親知らずは抜歯されることが多いのです。

親知らずの抜歯では麻酔を施して行います。親知らずの状態にもよりますが、歯ぐきに埋もれている場合は切開したり、親知らずを割って分割して除去したり、周りの骨を削ったりする処置が必要となるケースもあります。抜歯当日は出血や痛みがありますが、数日で落ち着くことがほとんどです。

乳歯・前歯・臼歯

乳歯・前歯・臼歯

虫歯や事故などを理由とする抜歯以外にも、乳歯の抜歯が必要となるケースがあります。例えば、永久歯からの生え変わり時に、下から永久歯が生えてきていることがレントゲンなどで確認できているのに乳歯が抜けない場合、そして、乳歯の歯列から外れた場所に永久歯が生えてきているような場合です。生え変わりには個人差が大きいものですが、一人のお子さんの口腔内で、生えてくる時間差が左右で大きく違う(半年ほど)場合などは、一度検査してみた方がいいでしょう。

当院では、どうしても抜歯しなくてはいけない場合などは、子供の抜歯にも対応しています。なお、大人の場合には、抜歯後にインプラントセラミックを使った治療などさまざまにフォローできる方法があります。くわしくはお気軽にお問い合わせください。

埋伏歯

親知らずをはじめ、あごの骨や歯ぐきの中に埋もれたままになってしまう歯があります。症状がなければそのままにしても問題ありませんが、既に生えている歯を押して歯並びを乱したり、痛みや腫れが出たりするような場合は、抜歯することになります。ケースバイケースですが、歯ぐきの切開や骨の切削など難易度の高い抜歯となるため、歯科用CTなどを使った精密検査を行い、適切な手術を行う必要があります。

ヘミセクション 歯根分割抜去法(歯を分割し部分的に残す抜歯)

大臼歯(奥歯)など、歯根が複数ある歯のうち、問題を抱える歯根だけを分割して除去し、問題のない歯根を部分的に残す抜歯方法です。ドリルで分割するため、歯根がしっかり分かれていること、分岐部が浅い位置であること、残す歯根が骨に十分に支えられていることなど、さまざまな条件をクリアした歯にのみ適用できます。また、分割する歯は根管治療で神経を取り除いておく必要があります。ヘミセクションは2本の歯に対して行い、3本の歯に対して行うものをトライセクションといいます。

けがで歯が抜けた(歯の再植術)

事故や外傷で歯ぐきから抜け落ちた歯(脱臼した歯)を、元の位置に戻す治療です。また、治療のために、病巣を持つ歯を一度抜いて、歯の根の治療をしっかり行ってから再植することもあります。

再移植が成功するためには、移植する歯の根に歯根膜が残っており、損傷や汚染などがないことが条件となります。事故などで歯が抜けた場合も、あわてて水で洗ったり拭いたりしないようにしましょう。歯を乾燥させないよう牛乳などに浸し、歯科医院まで急いでお持ちください。

歯の移植手術(抜けた歯を別の場所に移す)

虫歯で歯を失った場合に、健康な歯を移植する方法です。トラブルを抱えていない親知らずなど、生えている位置などを理由に活用できていない歯などを、歯を失った部分に移植します。入れ歯を使用するようなケースで、上下左右の天然歯・人工歯の咬み合わせバランスを考えて、ご自身の歯を移植して入れ歯の不安定さを解消することもあります。

上顎洞口腔瘻閉鎖術(抜歯後に副鼻腔と繋がった穴を塞ぐ)

上顎洞(副鼻腔)とは上顎の骨の上にある空洞で、歯根と近い位置にあるため、抜歯した穴が上顎洞とつながってしまうケースがあります。この手術では、感染した組織をしっかり取り除いたあと、(歯ぐきを縫合しやすくするために)歯ぐきを伸ばして緊密に縫合して閉じます。手術後すぐは、出血や腫れ、あざが出ることがありますが、次第に治癒します。術後3週間ほどは、食事などで違和感を覚えるかもしれませんが、治癒に従いそれもなくなります。

顎関節症(あごが痛む、音が鳴る)

口を大きく開けようとしたときに、あごに痛みがあったり、開けられなかったり、ジャリジャリ・カックンといった音がする場合は、顎関節症の可能性があります。顎関節症は顎関節に関係する骨や筋肉、靭帯、関節円板などのバランスが崩れたときなどに生じやすいと考えられています。

治療法はその原因に応じてさまざまあり、理学療法・運動療法、痛みを緩和するためのマッサージや鎮痛薬の使用などがあります。なかでも、患者様自身で顎関節周辺の筋肉の使い方を意識的に行ってもらうことで、症状が改善することがあります。

薬物療法

顎関節や咀嚼筋の痛みには、消炎鎮痛薬を処方します。症状に合った種類の薬を、ドクターの指示のもと、適切に服用していただきます。効果が得られなかった場合には、種類や服用方法を調整する必要があるため、用法用量をしっかり守ってください。

理学療法

筋肉のマッサージやホットパックでの患部の温め、ストレッチ、顎関節の動きを改善する訓練、疲れやすい筋肉を鍛える訓練などの「運動療法」があります。医療者が行うものと患者さん自身が行うものがあります。

スプリント療法

上下のすべての歯列を覆うマウスピースを、就寝時に装着してもらいます。眠っている間に無意識に行う歯ぎしりや食いしばりを防ぎ、咀嚼筋の緊張を緩和したり、顎関節に過大な負荷がかかるのを軽減します。

歯や顎にできたできもの(良性腫瘍、嚢胞)

歯根嚢胞摘出術(歯根にできた嚢胞を取り出す)

歯の根っこにできた嚢胞(のうほう)は、虫歯や外傷によって引き起こされる細菌感染が慢性化することで起こります。永久歯に起こることがほとんどで、乳歯にはあまり見られません。初期にはほとんど自覚照応がありませんが、感染を起こすとズキズキと痛みを覚え、嚢胞が大きくなると、骨が膨らむことがあります。

基本的な治療は、歯の神経を取り除く根管治療で対応します。しかし、これら治療での治癒が見込めないケースや、大きい嚢胞については摘出手術と歯根端切除術を行います。また、最終手段として、抜歯と嚢胞の摘出を行うことがあります。

歯根端切除術(残存感染部位を外科的に取り除く方法)

根管治療で治癒しなかった歯、つまり感染部位が残ってしまっている歯の、根っこを切除する治療法です。嚢胞や歯の根の先端を、歯ぐきから穴を開けて外科的に取り除くことで、抜歯せずに歯を残します。歯の根が一つの前歯や小臼歯に対して行われ、奥歯など根が複数ある場合には、あまり行われません。

歯根分割掻把術(歯の根を分割して除去)
/ ヘミセクション・トライセクション

虫歯や歯周病などで抜歯が必要になったとき、根っこが別れている奥歯の場合は、悪くなっている部分だけを分割して取り除き、健康な部分を残すことができます。半分の根っこを除去するものを「ヘミセクション」、1/3の根っこを除去するものを「トライセクション」といいます。治療後はブリッジで歯の機能を補います。

顎骨嚢胞摘出術
(顎の骨の嚢胞そのものを除去する)

顎骨嚢胞そのものが小さい場合、切り開いて中身を吸引する顎骨嚢胞開窓術が行えないため、また、再発リスクも考慮して、全摘出を行うことが多くあります。嚢胞が大きい場合には、全身麻酔下で摘出手術を行います。当院では大掛かりな手術となるケースでは、必要な処置が受けられる医療機関をご紹介しています。

顎骨嚢胞開窓術(顎の骨の嚢胞から中身を出す)

顎の骨の中にできる嚢胞(のうほう)を、切り開いて内容物を吸引する治療法です。嚢胞の中は液体もしくは半液体状のものが溜まっていますが、痛みなどの症状がないため、歯科治療などでレントゲン撮影した際に偶然見つかることが多くあります。顎の骨に嚢胞ができる原因としては、重症の虫歯や歯周炎、親知らず、外傷などがあげられます。開窓術を行った結果、病変が消失しない場合は摘出術を行います。(小さくした方がダメージが小さいですが、2回手術するというマイナス面もあります)嚢胞の全摘出手術を行うこともあります。

歯肉・歯槽部腫瘍手術(歯肉や歯の根を支える部分のできもの)

歯肉や歯槽骨(歯の根を支えるあごの骨)にできた良性腫瘍や嚢胞(のうほう)を摘出する手術です。

顎骨腫瘍摘出術(あごの骨のできもの)

あごの骨の中にできた良性腫瘍や嚢胞(のうほう)を摘出する手術です。顎骨腫瘍は口腔腫瘍全体の中でも約一割を占めています。

外傷・骨折

創傷処理(皮膚が切れている)

皮膚・粘膜・筋肉などの、切り傷、刺し傷、割創・挫創に対して行う処置です。血管を縛って血行を止めたり縫合したりすることを指します。

歯槽骨骨折 非観血的整復術(歯槽骨の骨折で行う保存的治療)

歯槽骨(歯を支える顎の骨)の骨折について、開放した傷がない場合に徒手整復を行って固定するなど、出血を伴わずに行える治療を「非観血的整復術」といいます。

歯槽骨骨折 観血的整復術(歯槽骨の骨折で行う出血が伴う治療)

歯槽骨(歯を支える顎の骨)の骨折について、開放した傷ある場合に、粘膜など組織を切開しえ行う治療法です。骨折部位に壊死した組織や血餅、骨の欠片や異物がある場合、除去したうえで外傷の処置を行い、骨折した部位を固定します。二次感染や機能障害の回復などに注意しながら、長期間の経過観察が必要になります。

顎骨骨折 非観血的整復術(顎の骨折で行う保存的治療)

他の部位の骨折でも行われる整復や固定に加えて、咬合機能を回復のために、歯牙結紮法や顎間固定法を併用します。骨はもともと他よりも強固ですが、骨折した際は、骨の吸収などによって強度が低下している場合があり注意が必要です。また、骨が骨折するほどの衝撃がある場合は、少なからず脳への損傷が疑われるため、脳の検査・治療が優先されることが多くあります。

上顎洞炎(副鼻腔炎)

上顎洞炎(副鼻腔炎)には2種類あります。1つは鼻性(お鼻が原因のもの)、1つは歯性(歯が原因のもの)があります。2つの大きな違いは鼻性のものは左右の両側が違和感があり、歯性のものは左か右かどちらかの片側となります。鼻性は耳鼻咽喉科をご紹介いたします。当院では単純レントゲン、CTを使用し、適切に診断を行います。炎症が大きい場合は抗菌剤を投与し、消炎(腫れを抑える)を行います。

次に原因となった歯の抜歯または歯を抜いた後の抜歯窓の掻把を行います。上顎洞と口腔が交通した場合は口腔内より上顎洞内を洗浄し、さらなる消炎を行います(期間が長くなることが多いです)。上顎洞内が正常化すると自然に上顎洞口腔瘻孔(歯を抜いた穴)は閉じてくることが多いですが、必要ならば閉鎖術(上顎洞口腔瘻閉鎖術)を行います。

上顎洞陥入歯除去術(上顎にある空洞に誤って歯が混入した場合)

上顎洞(副鼻腔とも呼ばれます)は、あごの骨の上、鼻の横・目の下あたりにある空洞です。この上顎洞に、抜歯やその他の治療中に歯の欠片や歯根、歯そのものが混入してしまうことがあります。誤って混入した歯を取り除くのが、上顎洞陥入歯除去術です。

治療法としては、抗生物質などで感染を防ぎながら、速やかに歯を摘出します。麻酔を施したうえで歯ぐきを切開し歯を摘出する方法、上顎洞の鼻とつながっている部分を開削して内視鏡で摘出する方法などがあります。

顎骨掻把術

顎骨掻把術の治療の1つ、炎症を起こしている骨や周囲の肉芽組織を掻把(きれいに掃除すること)を行い、正常な組織を露出させ、そこより治療を期待する手術。

顎骨骨髄炎

顎骨骨髄炎(細菌による顎の骨の炎症)

口腔内の細菌感染による炎症が、顎の骨の骨髄に及ぶと、顎骨骨髄炎となります。重症の虫歯で、歯髄(歯の内部の神経)から周辺の歯槽骨や顎の骨にまで炎症が及ぶことがあります。骨髄炎になると、抜歯後に治癒不全が起こり、長期に渡り治療しない場合があります。

顎骨骨髄炎の治療法はさまざまあり、感染部位や壊死した組織の除去、抗菌薬や鎮痛薬の投与、外科的治療などがあります。患者様の症状や持病などを鑑みて、的確な診断のもと治療法を選択する必要があります。当院は有病者歯科にも対応しており、患者様の主治医とも相談のうえ治療方針を定め、手術の際には全身管理モニターを使用して治療を安全に進めてまいります。

その他

口腔内消炎手術(歯ぐきや歯内部の腫れ)

口腔内の炎症を抑えるために行われます。歯ぐきや歯の内部、あごの骨の周辺などで起きた炎症に対し、患部を切開し、炎症の原因となっている膿や異物などを取り除く手術です。応急処置として行われます。

口腔外消炎手術(口の外が腫れている)

お口の外(口腔外)にできものや腫れがある場合にも、消炎手術を行う場合があります。具体的には、骨膜下膿瘍、皮下膿瘍、蜂窩織炎等などがあります。口腔内消炎手術と同様に、患部を切開し膿や異物を除去する手術です。

腐骨除去手術

根管治療後や抜歯後に、感染した軟組織・骨組織の取り残しがあり、そこで再び炎症や膿が生じることを「病巣感染」といいます。病巣感染が起こると、健全な骨の再生が阻害され腐骨(ボーンキャビティー)となってしまい、除去手術が必要となります。腐骨除去手術では、歯根膜と硬化性骨縁を完全に取り除きます。

浮動歯肉切除術(ぶよぶよになった歯肉の切除)

合わない総入れ歯を使用していると、入れ歯が当たる部分の歯肉がぶよぶよになってしまう浮動性歯肉(フラビーガム)になってしまうことがあります。ぶよぶよの歯肉では、さらに入れ歯の安定感が損なわれ、また放置すると歯肉の下の骨が変形するおそれがあるので、外科的処置で浮動性歯肉を切除することがあります。

インプラントや異物による炎症

歯科インプラント摘出術(インプラントを抜く)

インプラント治療を行った後に、歯周病のような症状があるインプラント周囲炎やインプラントの破損や割れ、神経麻痺や上顎洞(副鼻腔)炎などのトラブルが起こった場合には、インプラントを取り除く処置が必要になります。ほとんどが局所麻酔による摘出手術が行われます。摘出後は、お口の状態に合わせて、入れ歯やブリッジなどの他の補綴治療を行う場合もあれば、再びインプラントを入れることができる場合もあります。

顎骨内異物除去術(顎の骨の中に異物が混入した)

上顎洞に異物(歯など)が混入するように、あごの骨の中にも異物が混入することがあります。混入する異物としては、顎の骨に関する手術時に固定に用いた金属線やスクリュー、金属板などがあります。

口腔内軟組織異物(人工物)除去術(軟組織の中に物が挟まった)

口腔内の軟組織(歯ぐきなど)に、歯の破折片など異物(人工物を含む)が挟まった場合に行う手術です。多くは麻酔を施したのち、軟組織を切開して必要があれば、組織を剥離して除去します。

to top